Skip to content
: info@atomicrexentertainment.com

銀行とファクターの両立について

銀行とファクターの両立について

銀行というのは組織が大きくて貸付の実行までに時間がかかるそうです。預金取引を伴うそうです。ファクターの場合には、小口、中口の融資が中心となるそうです。かつ組織も小さく融資申し込みをその日のうちに即決する立場にあるそうです。銀行が手形割引を行うのはサイトが4ヶ月以内のものであるのが普通だそうです。ファクターは融資の対象とする手形のサイトにこだわらないそうです。サイトが一年以上のものでも取引の対象とするそうです。このような長期の手形もファクターは割引をしないそうです。銀行は、一般的に裸の売掛債権を買い取らないそです。一方で、ファクターはこれを受け入れて、融資をするそうです。銀行による融資とファクターによる融資というのは、重要な違いがあるそうです。契約形式では、ウィズリコース形式で手形・債権を譲り受けて融資をする場合にも、リスクを負担して買取のと同様の心構えで取引に応じているということをどのファクターも強調しているそうです。銀行による手形割引の場合には、割引の依頼人の信用を重視して取引を行うことが多いということに対して、ファクターの場合には、カスタマーの信用調査に重点を置いて取引をしているそうです。割引依頼人の信用重視の銀行取引に対して、支払人口重視のファクタリング取引という違いがあるそうです。ファクタリングには、記帳事務を伴う債権の管理・回収を代行する機能が含まれているそうです。とても煩雑なもので、この事務処理の代行に対するニーズもあるそうです。小口かつ多数の売掛先を持っているクライアントの場合は、これらを一括してファクターに譲渡して、ファクターが売掛金を管理・回収するものだそうです。この場合は、金融も付けるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です