Skip to content
: info@atomicrexentertainment.com

クライアントの数と業種について

クライアントの数と業種について

ファクタリングの取引の対象として、ファクターが譲り受けた債権・手形の年間合計というのは、順調に伸びたそうです。ファクタリングというのは、アメリカの繊維業界で普及して、ファクタリング取引に占める繊維業界の比重は高いのだそうです。日本の場合には、特定の分野でとくによく利用されているというわけではないそうです。あらゆる業種で利用されているそうです。繊維関係総合問屋、鉄鋼関係専門商社、その他、非鉄、機械、造船、化学、エレクトロニックス、貴金属、宝石、食料、飲食業はもちろん、コンピューターのソフトウエア、工場安全のチェックサービスの代金にいたるまでファクターを利用していたそうです。ファクタリングが幅広く利用されるのは、経済的機能の多様性があるからだそうです。ファクタリングには、金融機能、資力保証的機能、業務代行的機能などがあるそうですが、クライアントによってニーズは異なってくるそうです。全体としては、金融難を反映してか、売掛債権、手形を対象とした金融を求めるケースが圧倒的に多かったそうです。けれど、クライアントが大企業だった場合は、ファクタリングの資力保証的機能を求めるものがあるそうです。要するに、金融は求めてはいないけれど、カスタマーの支払い資力が不安であるためファクターも増えているそうです。小口でかつ多数のカスタマーを持っているクライアントは、ファクターによる債権の管理・回収というような業務代行的機能を求めてファクタリングを行っているそうです。ファクタリングによる金融供与のニーズはとても強いということで、これがファクターの中心的なサービスだったそうです。ファクターの自己資金には限界があるそうです。