Skip to content
: info@atomicrexentertainment.com

債権のサイトが適当であること

債権のサイトが適当であること

クライアントがカスタマーを多く待っていれば持っているほど、クライアントとしては債権の管理回収などのファクタリングというものの機能からメリットをうけることになるそうです。債権のサイトが適当であるということがファクターの立場からいうと望ましいのだそうです。ファクタリングというのは、クライアントに金融供与をする方法として債権を譲り受けて、期日前に前払いをするということだそうです。そのため、現金販売やほとんどそれに近い取引をしている企業はクライアントに向かないそうです。信用販売をする売主の商業信用をファクターが肩代わりをしようするものなので、一定期間のあとでなければ、資金を回収できない立場にある企業でなければクライアントになりえないそうです。けれど、余り長期のサイトの債権は好ましくはないそうです。ファクターが債権を譲り受けたのちにカスタマーの信用状態が悪化するという可能性が大きいのだそうです。西ドイツの文献によると、一年もののサイトの債権は不適当なのだそうです。三ヶ月ないし六ヶ月ぐらいが普通ということだそうです。ファクタリングに最適なのは、30日から90日サイトの債権なのだそうです。ファクタリングを利用すると、支払い能力の不安などがあった場合に助かることも多いそうです。ファクタリング取引をしていないと、納入先の倒産、不渡り手形が発生した場合に、単に金銭的な損失だけではなくて、その処理に大変な手数がかかるそうです。その上、営業部員の士気が下がってしまうということも困ったことだそうです。こういったことを考えると、ファクタリング手数料などは金利ということだけみると高く見えても、損害に備えての保険料と考えてみると、高くはないと思われていたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です