Skip to content
: info@atomicrexentertainment.com

ファクタリング取引のメリット

ファクタリング取引のメリット

ファクタリング取引を行うということで、クライアントは拡販の機会を得るということがあるそうです。そしてまた健全な買主及び売主ともなるそうです。これは資金状態が良くなるからだそうです。クライアントは取引先への信用販売を行いながら、販売後直ちにファクターから資金を入手することができるということだそうです。未回収債権の形でクライアントの資本が凍結するという事態がなくなるそうです。手形化するよりも前に金融を得ることができるそうです。これはもっとも効率のよい資金を運用するということだそうです。クライアントは自由な資金を生産や販売、仕入れに使うことができるということで、有利な条件で現金買入をすることができるそうです。拡販の機会を活かすということも可能になるそうです。ファクタリングは強く拡販を望む企業に適合するといわれているそうです。償還請求権なしのファクタリングの場合は、債権焦げ付きの危険がまったくなくなるそうです。クライアントというのは、そのバランスシートから売掛金の項目をなくして、貸倒引当金を留保する必要がなくなるそうです。そのおかげで、連鎖倒産に巻き込まれる心配がないそうです。安定した健全経営をつづけることができるそうです。商品ファクターの時代には、ファクターのほうが市場の動向や業界の動向などをよく見通していたそうです。クライアントにいろいろなアドバイスを与えていたそうです。ファクターが商品の流通機構から手を引いたときから、クライアント自身のほうが、業界の動向については、よく知っているということだそうです。結局、ファクタリング取引を通じてファクターが入手しうる情報で、経営上の一般的な相談に応じるということだそうです。