Skip to content
: info@atomicrexentertainment.com

ファクタリングの多様性について

ファクタリングの多様性について

ファクタリングには金融機能、資力保証的機能、業務代行的機能といったものがあるそうです。

これはクライアントによってニーズは異なるそうです。

全体として売掛債権や手形を対象とした金融を求めていることが圧倒的に多いそうです。大企業の場合は、カスタマーの支払い資力の不安があったりするので、ファクターにリスクを負担してほしいのだそうです。

金融は求めているわけではないそうです。小口でかつ多数のカスタマーを持っているクライアントの場合は、ファクターによる債権の管理・回収を求めてファクタリングを行っているそうです。

ファクターの自己資本というのは限界があるそうです。ファクターは親銀行やその他の金融機関から短期、長期の資金を借り入れてクライアントに融資しているそうです。

ほとんどが現金融資だそうですが、一部はファクターの手形を渡す場合があるそうです。ファクター振出の信用度の高い手形でクライアントが金融機関から融資を受けるのだそうです。

このようなことから、ファクターは銀行その他の金融機関とクライアントの間に介在しているということで、クライアントに対する貸付を手控えるファクターもあるそうです。

クライアントが中堅企業だった場合は、一部、銀行提携ファクタリングを行ったりもしたそうです。ファクタリングのサービスというと、複合的なものになるそうです。

いつくかの機能をセットしたものということに特色があるそうです。

もともとの銀行業務とは違うそうです。ファクターが金融供与を中心としているならば、それは銀行との競合はあるわけで、ファクターが独自に存在する意識が薄れてくるのではないかという疑念が生じるといわれていたそうです。